ホテル/ご宿泊 レストラン/宴会・会議

館内に展示中の絵画をご紹介!

J.P.カシニョール

パリ生まれの彼がフランスで評価されるようになったのは意外にも日本で評価されるようになったのがきっかけです。夢見るパリジェンヌを魅力的に描き、遠い哀愁を誘う作品には、多くのファンが存在します。パリをはじめとして、NY、東京、香港等世界各地で個展を開催しており、その人気は計り知れないものがあります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image1-4.jpg

「チューリップとリラ」(レストランにて展示中)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: jpカシニョール「公園の見える窓」.jpg

「公園の見える窓」(1階ホールにて展示中)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image38.jpg

「森の中の小船」(1階ホールにて展示中)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: art_01_04.jpg

「公園の散歩道」(1階ロビーにて展示中)

1935年パリで生まれる。
1952年17歳でルシー・クロック画廊にて初個展。
1954年 パリ美術学校入学。
1959年サロン・ドートンヌ会員。
1967年 リトグラフ制作を始める。

林 功

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image68.jpg

「春眠」(レストランにて展示中)

昭和21年、現 茂原市町保に生まれる。県立長生高等学校(茂原市内にある)在学中に千葉県展にて市長賞受賞。昭和44年、東京芸術大学卒業、院展に初出品初入選。以後、院展に出品。昭和46年、同大学大学院(保存修復技術専攻)修了、数々の文化庁模写事業(国宝の模写)に参加。中国の古画に精通していた。山種美術館賞展(昭和54年)での優秀賞受賞をはじめ、「横の会」(昭和59~平成5)に参加。平成3年、第46回春の院展、第76回院展にて奨励賞受賞。平成9年、当館特別展「日本画の現代(中島千波・林 功・松本哲男 三人展)」開催。平成12年、中国にて逝去。愛知県立芸術大学助教授、日本美術院特待であった。

千住 博

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: art_03_01.jpg

「ライフ」(2階エントランスにて展示中)

1958年1月7日、東京都杉並区に工学博士の千住鎮雄と、エッセイストの千住文子の長男として生まれる。

1982年東京藝術大学 美術学部絵画科 日本画専攻を卒業。

1984年東京藝術大学 大学院修士課程修了。修士課程修了作品「回帰の街」が大学の買上げとなる。

1987年東京藝術大学 大学院博士課程修了。博士課程修了作品が東京大学買上げとなる。

1989年マンリー市立美術館(シドニー・オーストラリア)にて個展「ジ・エンド・オブ・ドリーム」

1990年神奈川県立近代美術館にて催された「収蔵作品による近代日本画の歩み展」に参加。

1993年ニューヨークの美術誌「ギャラリーガイド」の表紙に選出される。

マックスウェルデビッドソンギャラリー(ニューヨーク・アメリカ)にて個展「Flatwater」

1994年山中湖高村美術館(山梨)にて 個展「千住博1980−1994展」

1995年台北市美術館(台北・台湾)にて個展「千住博展」

第46回 ヴェネツィアビエンナーレ(イタリア)絵画部門にて東洋人として初めて名誉賞を受賞。

1996年彫刻の森美術館にて個展「千住博 Waterfalls & Glasses」展

1998年広島市現代美術館収蔵の「八月の空と雲」に対し紺綬褒章を賜る。

2000年「両洋の眼展/21世紀の絵画」に出品の作品「ライフ」に対し河北倫明賞を受賞。

2002年第13回 MOA岡田茂吉賞大賞を受賞。

2003年グランドハイアット東京の3階ホワイエに幅25メートルの「ウォーターフォール」壁画を制作。

大徳寺聚光院別院襖絵が完成。東京国立博物館にて「大徳寺聚光院の襖絵展」として一般公開。制作の様子はNHKにて「77面の宇宙」として放映された。

2004年東京国際空港 第2旅客ターミナルのアートディレクションを担当。

2005年福岡アジア美術館にて個展「大徳寺聚光院別院襖絵七十七枚の全て」展

2006年ガー・ルクルト「レベルソ」誕生75周年特別限定モデルの文字盤をデザイン。

山種美術館にて個展「千住博」展

2007年松風荘(フィラデルフィア・アメリカ)に襖絵20点を奉納。

京都造形芸術大学の学長に就任。

2008年赤坂サカス赤坂Bizタワーの壁画「四季樹木図」を制作。

2009年ベネッセ・アートサイト・直島・家プロジェクトに参加。

2010年東京国際空港新国際線ターミナルのアートディレクションを担当。

APEC JAPAN 2010の会場構成を担当。

2011年JR博多駅のアートディレクションを担当。

軽井沢千住博美術館が開館。

グッチ創設90周年を記念する金閣寺方丈でのアーカイブ展「時の贈りもの」を監修。

2012年OUBセンター(シンガポール) 壁画が完成。

「日本舞踊×オーケストラ-伝統の競演-」の舞台美術を担当。

2013年回向院(両国・東京)の新障壁画完成。

オペラ「KAMIKAZE」の舞台美術を担当。

大正大学さざえ堂のアートディレクションを担当。

大徳寺聚光院(本院、別院)襖絵完成

KITTE開業記念アートプロジェクト「想い桜」を監修。

2015年京都造形芸術大学学長、現在京都造形芸術大学教授。同大学付属康耀堂美術館館長。京都造形芸術大学・東北芸術工科大学共同教育機構「藝術学舎」学舎長。ヴァン・クリーフ&アーペル芸術学校(レコール)マスターズコミッティー委員。公益財団法人徳川ミュージアム相談役。

2016年大徳寺聚光院創建450年を記念して、奉納した襖絵を狩野永徳の国宝障壁画、重要文化財の茶室「閑隠席」とともに2017年3月26日まで特別公開。平成28年度外務大臣表彰受賞。

2017年第4回イサム・ノグチ賞受賞。

木村 圭吾

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: art_04_01.jpg

「神代桜」(1階ホールにて展示中)

1944年京都市に生まれる

1974年シェル美術賞展佳作賞

1975年京都府日本画新人展出品(同’76)

1979年東京セントラル美術館日本画大賞展出品(同’84)

1983年上野の森美術館絵画大賞展出品(同’84)

1985年山種美術館賞展出品(同’87 ’93)

1987年滋賀県立近代美術館にて個展

1993年両洋の眼「現代の絵画」展出品(以後毎年)

1994年個展(名古屋 同’96・他)・クレイトン大学芸術学博士課程修了

1996年個展「画業30年木村圭吾の世界」(富士美術館)

1997年個展(日本橋、名古屋、京都・大阪)画集刊行

1998年個展(東京)

1999年NHK大河ドラマ「元禄繚乱」上・中・下巻の装画担当

2001年大阪・法楽寺障壁画完成

『森羅万象ほとばしる生命木村圭吾・日本画の世界』出版

2002年

奈良・楽師事散華奉納

2003年

静岡県長泉町クレマチスの丘に「木村圭吾さくら美術館」オープン

2006年

フランス・カンヌ市主催「木村圭吾日本画展 千年桜と聖龍」を開催