ホテル/ご宿泊 レストラン/宴会・会議

館内に展示中の絵画をご紹介!

J.P.カシニョール

パリ生まれの彼がフランスで評価されるようになったのは意外にも日本で評価されるようになったのがきっかけです。夢見るパリジェンヌを魅力的に描き、遠い哀愁を誘う作品には、多くのファンが存在します。パリをはじめとして、NY、東京、香港等世界各地で個展を開催しており、その人気は計り知れないものがあります。

「チューリップとリラ」(レストランにて展示中)

「公園の散歩道」(フロントにて展示中)

 

1935年パリで生まれる。
1952年17歳でルシー・クロック画廊にて初個展。
1954年 パリ美術学校入学。
1959年サロン・ドートンヌ会員。
1967年 リトグラフ制作を始める。

中島 千波

「桜花霞富士」(レストランにて展示中)

1945- 昭和後期-平成時代の日本画家。

昭和20年10月22日疎開先の長野県小布施に生まれる。中島清之(きよし)の3男。平成12年母校東京芸大の教授。人間を題材とした「衆生」「形態」などのシリーズのほか,桜をはじめとする花鳥画など多彩な画題にとりくんでいる。また,宮尾登美子「きのね」などの挿絵もえがく。著作に「日本画の描き方」「中島千波画集」など。

 千住 博

「ライフ」(1Fホールにて展示中)

本画家、1958年、東京都に生まれる。
1982年東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。1984年同大学院修士課程修了、修了制作東京藝術大学買上。
1987年同大学院後期博士課程単位取得満期退学、
研究制作東京大学買上。1995年第46回ヴェネツィア・ビエンナーレ(イタリア)にて東洋人として初の名誉賞受賞。
2006年第6回光州ビエンナーレ(韓国)に出品。2007年フィラデルフィア「松風荘」の襖絵を制作。
2009年ベネッセアートサイト直島石橋プロジェクト 母屋公開。
2010年APEC JAPAN 2010首脳会議にて現代日本画による会場構成を担当。
2011年第5回成都ビエンナーレ(中国)に出品。
軽井沢千住博美術館オープン。2013年大徳寺聚光院(本院、別院)襖絵完成。
2015年第56回ヴェネツィア・ビエンナーレ(イタリア)に出品。
故宮南院(台湾)に作品買上。2016年メトロポリタン美術館(アメリカ、ニューヨーク)に作品収蔵。
世界遺産・薬師寺に作品収蔵。
平成28年度外務大臣表彰受賞。2017年第4回イサム・ノグチ賞(アメリカ、イサム・ノグチ財団)受賞。
杉本博司、谷口吉生、安藤忠雄に次いで日本人4人目。2007-13年京都造形芸術大学学長。現在同大学院教授。

木村 圭吾

「神代桜」(2Fエントランスにて展示中)

1944年京都市に生まれる

1974年シェル美術賞展佳作賞

1975年京都府日本画新人展出品(同’76)

1979年東京セントラル美術館日本画大賞展出品(同’84)

1983年上野の森美術館絵画大賞展出品(同’84)

1985年山種美術館賞展出品(同’87 ’93)

1987年昭和62年滋賀県立近代美術館にて個展

1993年両洋の眼「現代の絵画」展出品(以後毎年)

1994年個展(名古屋 同’96・他)・クレイトン大学芸術学博士課程修了

1996年個展「画業30年木村圭吾の世界」(富士美術館)

1997年個展(日本橋、名古屋、京都・大阪)画集刊行

1998年個展(東京)

1999年NHK大河ドラマ「元禄繚乱」上・中・下巻の装画担当

2001年大阪・法楽寺障壁画完成

『森羅万象ほとばしる生命木村圭吾・日本画の世界』出版

2002年奈良・楽師事散華奉納

2003年静岡県長泉町クレマチスの丘に「木村圭吾さくら美術館」オープン

2006年フランス・カンヌ市主催「木村圭吾日本画展 千年桜と聖龍」を開催