ホテル/ご宿泊 レストラン/宴会・会議

館内に展示中の絵画をご紹介!

J.P.カシニョール

パリ生まれの彼がフランスで評価されるようになったのは意外にも日本で評価されるようになったのがきっかけです。夢見るパリジェンヌを魅力的に描き、遠い哀愁を誘う作品には、多くのファンが存在します。パリをはじめとして、NY、東京、香港等世界各地で個展を開催しており、その人気は計り知れないものがあります。

「自転車」(レストランにて展示中)

「月光」(ロビーにて展示中)

1935年パリで生まれる。
1952年17歳でルシー・クロック画廊にて初個展。
1954年 パリ美術学校入学。
1959年サロン・ドートンヌ会員。
1967年 リトグラフ制作を始める。

 

 

木村 圭吾

「神代桜」(2Fエントランスにて展示中)

1944年 京都府深草生まれ
中学時代から画家を志し山村眞備に入門、高校卒業後は山口華楊に師事
1974年 シェル美術賞展佳作賞受賞
1986年 東京へ転居
1987年 滋賀県立近代美術館にて個展開催
1989年 東京セントラル絵画館で個展「桜花の譜」
1991年 富士を仰ぐ静岡県駿河平に画室を構える
1992年 箱根・成川美術館にて「ほとばしる生命のたぎり」木村圭吾展開催
1993年 この年より両洋の眼展に出品
1994年 光が丘美術館にて個展開催
1996年 富士美術館にて個展開催
倉吉博物館菅楯彦大賞展市民賞受賞
1999年 増上寺天井絵出品
翌年にかけて全国7箇所を巡回する個展開催
2001年 平安時代創建の大阪の名刹・法楽寺の障壁画完成
2002年 薬師寺に散華奉納
2003年 「木村圭吾さくら美術館」(静岡県長泉町)開館 2008年に閉館するまで、全国の多くのファンに愛される
2006年 カンヌ市・静岡市姉妹都市15周年記念特別展「天と地 日本画家木村圭吾の世界展千年桜と聖龍」(仏・カンヌ市)
「天と地 悠久の花舞台」(船橋市/読売新聞東京本社主催)

中島 千波

 

「桜花霞富士」(レストランにて展示中)

1945年日本画家・中島清之の三男として疎開先の長野県小布に生まれる。
1969年東京芸術大学美術部日本画科卒業。第54回院展に初出品、初入選。
1971年東京芸術大学大学院修了。日本美術院院友となる。
1977年第32回春の院展、ならびに第62回院展奨励賞受賞。
1978年第33回春の院展奨励受賞。
1979年第5回山種美術館賞展優秀賞受賞。
1984年第1回横の会結成に参加(以後1993年の第10回最終展まで参加)
1985年第1回日本画裸婦大賞展大賞受賞。
1988年第73回院展奨励賞受賞。朝日新聞掲載小説「きのね」(宮尾登美子)の挿絵制作。
1989年ベルギー・ユーロバリア・ジャパン現代日本画展出品。
1990年第75回院展奨励賞受賞、以後特待となる。
1992年「おぶせミュージアム・中島千波館」(長野県小布施町)開館。
1993年上諏訪北澤美術館開館10周年記念中島千波展開催。
1994年東京芸術大学美術学部助教授に任命される。鎌倉・鶴岡八幡宮・斎官貴賓室床の間壁画<孔雀図>制作。
1995年歌舞伎座緞長<淡紅白梅図>完成・パリ三越エトワールにて中島千波展開催。
2000年東京芸術大学美術学部デザイン科教授に就任。
2001年宮尾本「平家物語」青龍之巻挿絵展開催
2002年深川不動尊(成田山東京別院深川不動堂)内仏殿天井の小下図(100図)完成。「おぶせミュージアム・中島千波館」開館10周年を記念して、「絵師・中島千波の世界展」開催。
2003年長野市北野カルチュラルセンターにて「いろいろな世界中島千波展」開催。「おぶせミュージアム・中島千波館」開館11周年を記念して、「絵師・中島千波の世界展」開催
2004年成田山東京別院深川不動堂内仏殿宝蔵大日堂格天井画《大日如来蓮池図》完成
2005年花の心を描く中島千波屏風の世界展が日本橋・三越本店にて開催。福岡・名古屋・仙台・札幌・高松の三越とおぶせミュージアム・中島千波館を巡回。
2006年「中島千波の世界展」を新宿にて開催。
現在東京芸術大学美術学部デザイン科教授。

 

千住 博

「ライフ」(1Fホールにて展示中)

日本画家、1958年、東京都に生まれる。
1982年東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。1984年同大学院修士課程修了、修了制作東京藝術大学買上。1987年同大学院後期博士課程単位取得満期退学、
研究制作東京大学買上。1995年第46回ヴェネツィア・ビエンナーレ(イタリア)にて東洋人として初の名誉賞受賞。2006年第6回光州ビエンナーレ(韓国)に出品。2007年フィラデルフィア「松風荘」の襖絵を制作。2009年ベネッセアートサイト直島石橋プロジェクト 母屋公開。2010年APEC JAPAN 2010首脳会議にて現代日本画による会場構成を担当。2011年第5回成都ビエンナーレ(中国)に出品。
軽井沢千住博美術館オープン。2013年大徳寺聚光院(本院、別院)襖絵完成。2015年第56回ヴェネツィア・ビエンナーレ(イタリア)に出品。
故宮南院(台湾)に作品買上。2016年メトロポリタン美術館(アメリカ、ニューヨーク)に作品収蔵。
世界遺産・薬師寺に作品収蔵。
平成28年度外務大臣表彰受賞。2017年第4回イサム・ノグチ賞(アメリカ、イサム・ノグチ財団)受賞。杉本博司、谷口吉生、安藤忠雄に次いで日本人4人目。2007-13年京都造形芸術大学学長。現在同教授。