ホテル/ご宿泊 レストラン/宴会・会議

館内に展示中の絵画をご紹介!

J.P.カシニョール

パリ生まれの彼がフランスで評価されるようになったのは意外にも日本で評価されるようになったのがきっかけです。夢見るパリジェンヌを魅力的に描き、遠い哀愁を誘う作品には、多くのファンが存在します。パリをはじめとして、NY、東京、香港等世界各地で個展を開催しており、その人気は計り知れないものがあります。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 11974_xl.jpg 「夏」(レストランにて展示中) 画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image29.jpg 「バラと花束のプロフィー」(1階ホールにて展示中)
「海に面したバルコニー」(1階ホールにて展示中)
「レガッタ」(1階ホールにて展示中)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: art_01_04.jpg 「公園の散歩道」(1階エントランスにて展示中)
1935年パリで生まれる。 1952年17歳でルシー・クロック画廊にて初個展。 1954年 パリ美術学校入学。 1959年サロン・ドートンヌ会員。 1967年 リトグラフ制作を始める。

加藤 東一

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image31.jpg 「鵜飼」(レストランにて展示中)
1916年-1996年 岐阜県生まれ。東京美術学校卒。師・山口蓬春。兄は日本画の加藤栄三。 1947年 第3回日展初出品初入選 1952年 第8回日展特選受賞 (’55年同特選・白寿賞、’70年同内閣総理大臣賞、’77年同日本芸術院賞) 1984年 日本芸術院会員となる 1989年 日展理事長となる 1991年 第1回岐阜市民栄誉賞受賞 1993年 鹿苑寺(金閣寺)大書院障壁画完成 1995年 文化功労者に選ばれる 1996年 岐阜市名誉市民となる 1996年 逝去(享年80)。勳二等瑞宝章を受ける 1997年 藤沢市名誉市民となる