ホテル/ご宿泊 レストラン/宴会・会議

館内に展示中の絵画をご紹介!

J.P.カシニョール

パリ生まれの彼がフランスで評価されるようになったのは意外にも日本で評価されるようになったのがきっかけです。夢見るパリジェンヌを魅力的に描き、遠い哀愁を誘う作品には、多くのファンが存在します。パリをはじめとして、NY、東京、香港等世界各地で個展を開催しており、その人気は計り知れないものがあります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image32.jpg です

「ガレッタ」(レストランにて展示中)

「公園の散歩道」(フロントにて展示中)

1935年パリで生まれる。
1952年17歳でルシー・クロック画廊にて初個展。
1954年 パリ美術学校入学。
1959年サロン・ドートンヌ会員。
1967年 リトグラフ制作を始める。

加藤 東一

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image31.jpg です

「鵜飼」(レストランにて展示中)

1906年 岐阜県に生まれる。加藤東一は実弟。

1926年 東京美術学校日本画科に入学。

1929年 第10回帝展で「夏日小景」が初入選。

1931年 東京美術学校を卒業。結城素明に師事。

1936年 文展招待展で「薄暮」が文部大臣賞受賞。

1939年 第3回新文展で「月夜」が特選受賞。

1947年 創造美術の創立に参加。

1950年 橋本明治らとともに創造美術を脱退。

1952年 第8回日展の審査員となる。

1956年 第12回日展に「篝火」を出品。

1958年 社団法人日展が新発足、評議員となる。

1959年 前年の第1回新日展出品作「空」で日本芸術院賞を受賞。

1965年 第8回新日展に「雷神」を出品。

1969年 日展理事となる。

1972年 死去。