ホテル/ご宿泊 レストラン/宴会・会議

館内に展示中の絵画をご紹介!

J.P.カシニョール

パリ生まれの彼がフランスで評価されるようになったのは意外にも日本で評価されるようになったのがきっかけです。夢見るパリジェンヌを魅力的に描き、遠い哀愁を誘う作品には、多くのファンが存在します。パリをはじめとして、NY、東京、香港等世界各地で個展を開催しており、その人気は計り知れないものがあります。

「松のパラソル」(レストランにて展示中)

 

1935年パリで生まれる。
1952年17歳でルシー・クロック画廊にて初個展。
1954年 パリ美術学校入学。
1959年サロン・ドートンヌ会員。
1967年 リトグラフ制作を始める。

 

加藤 東一

 「鵜飼」(レストランにて展示中)

1916年(大正5年) 漆器商加藤梅太郎・ため夫妻の五男として、岐阜市美殿町で生まれる。兄は日本画家の加藤栄三。

1947年(昭和22年) 東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)日本画科を卒業。第3回日展「白暮」初出品、初入選。

1948年(昭和23年) 山口蓬春に師事する。

1952年(昭和27年) 第8回日展「草原」特選受賞。

1955年(昭和30年) 第11回日展「砂丘」特選および白寿賞受賞。

1969年(昭和44年) 藤沢市鵠沼に居住。

1970年(昭和45年) 改組第2回日展「残照の浜」内閣総理大臣賞受賞。

1977年(昭和52年) 前年の日展出品作「女人」で日本芸術院賞受賞[1]。

1984年(昭和59年) 日本芸術院会員となる。

1989年(平成元年) 日展理事長となる。

1991年(平成3年) 第1回岐阜市民栄誉賞受賞。

1993年(平成5年) 鹿苑寺(金閣寺)大書院障壁画完成。

1995年(平成7年) 文化功労者。

1996年(平成8年) 岐阜市名誉市民となる。

1996年(平成8年) 肺炎のため没。享年80。勲二等瑞宝章を受ける。

1997年(平成9年) 藤沢市名誉市民となる。

 

千住 博

art_03_01

「ライフ」(2階エントランスにて展示中)

日本画家、
1958年 東京都に生まれる。
1982年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。
1984年 同大学院修士課程修了、修了制作東京藝術大学買上。
1987年 同大学院後期博士課程修了、修了制作東京大学買上。
1995年 第46回ヴェネツィア・ビエンナーレにて東洋人として初の名誉賞受賞。
2006年 第6回光州ビエンナーレに出品。
2007年 フィラデルフィア「松風荘」の襖絵を制作。
2009年 ベネッセアートサイト直島石橋プロジェクト 母屋公開。
2010年 APEC JAPAN 2010首脳会議にて現代日本画による会場構成を担当。
2011年 第5回成都ビエンナーレ出品。軽井沢千住博美術館オープン。
2013年 大徳寺聚光院(本院、別院)襖絵完成。
2015年 グリマーニ宮殿・ヴェネツィア(イタリア) にて「Frontiers Re-imagined」展出品。