ホテル/ご宿泊 レストラン/宴会・会議

館内に展示中の絵画をご紹介!

J.P.カシニョール

パリ生まれの彼がフランスで評価されるようになったのは意外にも日本で評価されるようになったのがきっかけです。夢見るパリジェンヌを魅力的に描き、遠い哀愁を誘う作品には、多くのファンが存在します。パリをはじめとして、NY、東京、香港等世界各地で個展を開催しており、その人気は計り知れないものがあります。

「シルバーフォックス」(レストランにて展示中)

「月光」(ロビーにて展示中)


「La Capesire Freurie タペストリー」(2Fエントランスにて展示中)


1935年パリで生まれる。
1952年17歳でルシー・クロック画廊にて初個展。
1954年 パリ美術学校入学。
1959年サロン・ドートンヌ会員。
1967年 リトグラフ制作を始める。

 

 

 

中村 宗弘

 「富士」(レストランにて展示中)

1950年10月1日神奈川県逗子市生まれ。
祖父は日本画家の中村岳陵(1890~1969)。
幼稚舎から慶応義塾に学ぶ。
中学3年の時、祖父岳陵のもとで絵を習い始める。
高校へ入学後、本格的な画家修業に入る。
1968年高校3年で第3回日春展に『早春』を初出品し、日春賞受賞。
同年秋の第11回新日春展に『翠明』を初出品し、特選・白寿賞受賞。
1969年第4回日春展に『早晨』出品、奨励賞受賞。
第1回日展に『月鐘』を無鑑査出品し、外務省買い上げとなる。
同年、師である祖父・岳陵が逝去。
1970年第5回日春展に『朝霧』を出品、奨励賞受賞。
1971年第6回日春展に『冬』を出品、日春賞受賞。
岳陵亡き後、同年より児玉希望の推挙で東山魁夷に師事する。
1973年慶應義塾大学文学部東洋史学科卒業。
東山魁夷のもとでさらなる研鑽を積み、1976年26歳で日展会友となる。
日展以外での活躍も目覚しく、1978年銀座・村越画廊での初個展。
1978年、80年には日本橋三越、1982年池袋西武など。
個展では「四季彩々」「京洛十二ヶ月」「光と霧」などのテーマで全国各地にて
展開。
またそのほかの美術賞への出品は1979年第5回山種美術館賞展「雪林」出品、
1980年東京セントラル美術館日本画大賞展招待出品
1981年次代への日本画展出品など。
祖父岳陵から「線の大切さ」
師東山魁夷から「視点の置き方」・「絵描きの人生観」を学び真摯な姿勢で
絵筆を握る。 優れた技巧による繊細な描写、安定した視野、モダンな色彩
感覚により、四季折々の日本の美を表す風景画は、叙情に溢れる。
2000年に画業35周年記念の個展を開催した。
また、日本画の普及活動に力を注ぎ、
1988年よりパリ・シカゴ・ニューヨーク等で講演活動を精力的に行う。
伝統を重んじながらも、時代の空気を取り入れた新しい日本画の創造を
目指し、活躍の場を広げている。

 

千住 博

「ライフ」(1Fホールにて展示中)

日本画家、1958年、東京都に生まれる。
1982年東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。1984年同大学院修士課程修了、修了制作東京藝術大学買上。1987年同大学院後期博士課程単位取得満期退学、
研究制作東京大学買上。1995年第46回ヴェネツィア・ビエンナーレ(イタリア)にて東洋人として初の名誉賞受賞。2006年第6回光州ビエンナーレ(韓国)に出品。2007年フィラデルフィア「松風荘」の襖絵を制作。2009年ベネッセアートサイト直島石橋プロジェクト 母屋公開。2010年APEC JAPAN 2010首脳会議にて現代日本画による会場構成を担当。2011年第5回成都ビエンナーレ(中国)に出品。
軽井沢千住博美術館オープン。2013年大徳寺聚光院(本院、別院)襖絵完成。2015年第56回ヴェネツィア・ビエンナーレ(イタリア)に出品。
故宮南院(台湾)に作品買上。2016年メトロポリタン美術館(アメリカ、ニューヨーク)に作品収蔵。
世界遺産・薬師寺に作品収蔵。
平成28年度外務大臣表彰受賞。2017年第4回イサム・ノグチ賞(アメリカ、イサム・ノグチ財団)受賞。杉本博司、谷口吉生、安藤忠雄に次いで日本人4人目。2007-13年京都造形芸術大学学長。現在同教授。